土地の探し方のポイント

土地区画整理事業の保留地とは

土地の探し方 市町村が土地区画整理事業によって宅地の開発を行う場合、造成する場所の持ち主である地権者に土地を提供してもらうことになります。
それが減歩と呼ばれる行為なのですが、地権者はその整理された場所の一部に住み、減歩により新しく生み出された土地は、道路や公園などの公共用地と将来的には売却するものとに分けます。
この売却予定の場所が保留地と呼ばれ、売却されると事業費の一部にあてられます。
尚、通常の宅地の売買では、契約後に所有権移転登記が出来るのですが、この宅地こと、すなわち保留地は、事業が完了した段階では組合名義での保存登記がされるため、売買契約者に所有権移転のため名義変更を行うには時間がかかります。
そのため、名義変更前にも売買契約者がこの場所を何かに使うことは可能ですが、保留地を担保にして抵当権を設定するなど、融資を受けることが難しいのです。
そもそも土地登記簿がないために、所有権等の記載が出来ないためです。

土地の不動産情報を精査するポイント

土地の不動産情報を精査したいときは、地目に注目しましょう。
地目とは、どのような用途に土地を利用できるのかによって分類されています。
実際には、地目とは異なった利用の場合もあるのですが、これから土地を購入して、新しい所有者が土地を利用する場合には、地目に従う必要があります。
具体例として挙げられるのが、地目が農地の場合です。
農地の場合は、不動産登記とは別に、農地法の制限も受けるからです。
地目が農地の場合は、住宅を建築できるようにするためには転用届けの手続きを行います。
不動産会社が手続きを行ってくれるとは限りませんので、不動産情報をチェックするときには地目に要注意です。
農地転用は、それぞれの地域性も重視されるため、必ずしもスムーズにて付きが完了できるとは限りませんので、購入してから住宅を建築することができなかったというトラブルも発生し得ます。
安くて広い敷地面積は魅力的ですが、マイホーム用に購入するのならば、住宅建築が可能な地目であることを確認しましょう。